アートとしての工芸×空間デザイン トークセッション「アートとしての工芸×空間デザイン」の開催&陶芸家・市川透氏の新作販売開始

陶芸家
トークセッション『アートとしての工芸 × 空間デザイン ~伝統工芸、アート、空間デザインの融合が生み出す新たな可能性~』が開催されました。
空間デザイナーと工芸家との異色のコラボレーションから生まれた新しいインテリア、その制作背景と今後の展望に迫ります。
トークセッションの様子は動画にて後日公開予定ですが、正式公開に先駆けてダイジェスト版をお届けするとともに、
陶芸家・市川透氏の新作販売についてお知らせします。

PROFILE

市川透(陶芸家)

1973年、東京都出身。2011年、陶芸家・隠崎隆一氏に師事し、備前焼の技法や自由な発想の造形感覚を学び、2015年に岡山県にて独立。2016年の初個展からこれまで備前焼の概念を覆す作品を多数発表してきた。熱い血が流れるような赤。スタイリッシュでメタリ ックな黒や金銀の光彩。その圧倒的な存在感から響いてくるのは、さながら〝自由への咆哮〟である。国内外のギャラリーや百貨店にて個展を開催、また多数のアートフェアにも作品を出品している。       池田正樹   株式会社丹青社 デザインセンター カルチャー&コミュニケーションデザイン局 プリンシパルクリエイティブディレクター   ショールームやイベントなど企業プロモーションスペースや博物館のみならず、博覧会・パビリオンなど世界的なイベントを数多く手掛ける。インテリアのみならず建築にまで及ぶ幅広い知識を活用し、様々なソリューションを提供します。常に本質は何かを探求する心でクライアントの要望以上のものに応える姿勢で仕事に向き合う。

現在、丹青社のエントランススペース<クリエイティブミーツ>にて「アートとしての工芸×空間デザイン」を提案する展示が行われています。

この展示を前に、トークセッション『アートとしての工芸 × 空間デザイン ~伝統工芸、アート、空間デザインの融合が生み出す新たな可能性~』が開催されました。スピーカーに陶芸家・市川透氏、空間デザイナー・池田正樹氏、B-OWNDエグゼクティブディレクターの吉田清一郎、モデレーターに山崎泰氏(JDN取締役)を迎え、アートがインテリアとして昇華する新たな空間価値、その生み出された背景と今後の展望について語っています。

トークセッションの様子は動画にて後日公開予定ですが、正式公開に先駆けてエッセンスをダイジェスト版にてお伝えいたします。

後日、正式動画を配信予定です。

その際はB-OWNDマガジンでお知らせしますので、ぜひチェックしてみてください。

市川透・新作販売開始のお知らせ

「アートとしての工芸×空間デザイン」の展示&トークセッションを記念して市川透氏の新作11点を期間限定で販売します。

販売期間:2020年8月19日(水)~9月30日(水)

販売開始後、すぐに完売になる市川透さんの新作です。

この機会にぜひチェックしてみてください。

>> 陶芸家・市川透さん 販売作品一覧 <<