Article

ARTIST

心地よいかたち―漆芸家・谷川美音インタビュー(後編)

軽やかで、鮮やか。従来の漆のイメージを覆すように、自由に世界を捉え、描く谷川美音。学生時代より漆芸の分野でさまざまな立体作品に取り組んでいたという谷川が、現在の作風へと至った経緯を聞きながら、漆という長い伝統をもった素材とどう向き合っているのか、また現代のアーティストとして何を表現したいのかを聞いた...

記事を読む